1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. zero to one、ジェネラリスト検定の「全国模擬試験」をオンラインで無料開催

2022年5月18日

zero to one、ジェネラリスト検定の「全国模擬試験」をオンラインで無料開催

zero to one(ゼロ・トゥ・ワン)は、日本ディープラーニング協会(JDLA)が7月2日に実施を予定している「2022年第2回ジェネラリスト検定」(G検定)に向けて、全国模擬試験を6月7日にオンラインで無料開催する。


同社は、これまでも同様の全国模試を実施してきたが、今回、同社オンライン教材受講生(「人工知能基礎」「G検定実践トレーニング」「人工知能基礎&G検定実践問題集」のいずれかを受講)に加えて、「G検定」取得を推進している法人にも全国模試を実施することにした。

G検定は、「ディープラーニングを事業に活かすための知識を有しているかを検定する」目的で、JDLAが2017年から開催。これまでに累計5万人弱の合格者を輩出している。

同社は、完全オンライン教材「人工知能基礎」、「G検定実践トレーニング」などを通して、これまでにのべ100社、累計3000人以上に「G検定」向け、もしくは「G検定」の出題範囲に応じた教育コンテンツを提供。

6月7日に実施する全国模試は、オンラインでどこからでも、無償で受験できる。また、受験後数日以内に個別に発行される結果レポートで、点数、偏差値、全国順位や、分野ごとの正答率などを確認できる。

全国模試の概要

実施日:6月7日(火)8:00〜23:00
実施時間:上記の中で1時間(22:00受験開始が最終)
問題数:100問
実施方法:オンライン
申込み期限:6月2日(木)12:00まで
結果表示:6月9日(木)中に個別に表示(予定)
サイトアクセス期限:6月17日(金)23:59まで(以降はアクセス不可)
対象:
・(規模に関わらず)法人として「G検定」取得を推進/推奨している
・2022年7月の「G検定」(2022#2)受験を予定している人が組織内に5人以上いる
受験料:無料

詳細

申込み 

関連URL

zero to one

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス