1. トップ
  2. 学校・団体
  3. アドビ、高校情報科授業「データサイエンス」のカリキュラムを関西学院千里国際高等部と共同開発

2022年7月1日

アドビ、高校情報科授業「データサイエンス」のカリキュラムを関西学院千里国際高等部と共同開発

アドビは6月30日、関西学院千里国際高等部と提携して、同校のwebサイトの来訪者データを分析した上で、課題発見から解決アイディア策定までのプロセスを学ぶ情報科「データサイエンス」授業のカリキュラムを共同で開発したと発表した。

同カリキュラムは、同校の全学年を対象に11月~2023年3月にかけて授業で実施する。生徒たちは同社のweb分析ツール「Adobe Analytics」を活用して自校の入学検討者向けwebサイトの来訪者データを分析し、課題を見つけ解決アイディアを立案。

そしてプロトタイピングツール「Adobe XD」でプロトタイプを作成して、プレゼンテーションを行う。

生徒間の共有や意見交換、教師および同社の専門的観点からのフィードバックを受け、複数回の改善を行ったうえで、最終案をアウトプットする。

こうした分析、課題発見、解決策の検討、プレゼンテーションまでの一連のプロセスを学ぶことで、情報社会を構成するデータに着目し、主体的にかかわることのできる人材の育成を目指す。

関西学院千里国際高等部「データサイエンス (2022W)」概要

授業期間:2022年11月下旬~2023年3月上旬
対 象:同高校1~3年生(20~25人)
担当教員:西出新也教諭(Adobe Education Leader)
予定内容:オリエンテーションとゴール設定、プロトタイプツール「Adobe XD」の使い方、学校webサイト改善アイディア出しと振り返り、データ分析の基礎理解、「Adobe Analytics」の使い方など全35時間
教 材:該当授業回ごとにアドビが10分程度の学習映像コンテンツと演習問題を提供
使用ソフト:Adobe Analytics、Adobe XD

関連URL

「Adobe Analytics」

アドビ

関西学院千里国際高等部

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Qubena Action 2022 来年度プロダクト・アップデート発表会 08.20(土) 14:00~17:00 ONLINE Special Talk Session
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 私立中学・高校様向け ICT利活用サポートデスク オンラインICT支援員 【限定】無料トライアル 参加校募集 NTTLS
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス