1. トップ
  2. データ・資料
  3. タイピングに関するアンケート結果 中学生になると苦手意識が大幅に増加=教育ネット調べ=

2022年7月21日

タイピングに関するアンケート結果 中学生になると苦手意識が大幅に増加=教育ネット調べ=

教育ネットとミラボは19日、児童生徒対象のタイピングに関するアンケートの結果を発表した。


「タイピングは楽しいですか」との設問に83.9%の児童生徒が「楽しい」 または「少し楽しい」と回答。ただし、中学生では「楽しい」と解答したのが35.3%と減少し、「楽しくない」と感じている生徒も小学生より多い。

「タイピングは得意ですか」との設問には、苦手意識を持っている中学生が過半数で、多くの生徒がタイピングに苦手意識を持っている。小学校低学年は「得意」または「少し得意」が60.3%、小学校高学年は63.7%。

アンケートは、3月1日~6月10日に、小学生・中学生 7106名に対して行った。

関連URL

ミラボ

教育ネット

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Qubena 小中5教科 全国50万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 私立中学・高校様向け ICT利活用サポートデスク オンラインICT支援員 【限定】無料トライアル 参加校募集 NTTLS
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス