1. トップ
  2. データ・資料
  3. 情報モラル教育の課題 「保護者への啓発が必要」が最多 =教育ネット調べ=

2022年8月18日

情報モラル教育の課題 「保護者への啓発が必要」が最多 =教育ネット調べ=

教育ネットは16日、教職員を対象に実施した情報モラル教育に関するアンケートの結果を発表した。


それによると、情報モラル教育に対する課題の問いには、「児童生徒より保護者への啓発が必要だと思う」(40.2%)が最も多いことが明らかになった(複数回答)。また、「忙しくて情報モラル教育に手が回らない」、「授業時間が確保できない」、「授業を準備する時間が中々とれない」など業務が多忙なために情報モラル教育にじっくりと取り組むことができないという実情もうかがえた。


また、小学校教員、中学校教員別に結果を見ると、小学校教員は「児童生徒より保護者への啓発が必要だと思う」の回答が 46.2%と一番多く、「小学校低学年に対してどのように教えたらいいのかわからない」との回答も 18.2%あった。中学校教員では「トラブルが起きてからの事後指導がメインとなってしまっている」との回答が 34.0%と数値が高く、トラブルに発展する前の事前指導が難しいと感じていることがわかった。

関連URL

結果の詳細

教育ネット

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 新規利用自治体募集 ※条件・応募自治体数上限あり 2024年3月まで無償 オンライン説明会開催中
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス