1. トップ
  2. 教育行政・入札
  3. スマートロック「RemoteLOCK」による中学体育館の夜間開放、神戸市で開始

2022年9月7日

スマートロック「RemoteLOCK」による中学体育館の夜間開放、神戸市で開始

構造計画研究所は6日、暗証番号式・クラウド管理機能を備えたスマートロック「RemoteLOCK」(リモートロック)と、予約システム「まちかぎリモート」を活用した中学校体育館の夜間開放が、11月1日から兵庫県神戸市で開始されると発表した。


同市は、11月1日から中学校体育館の夜間開放を実施するのにあたり、体育館の鍵としてICT技術を活用したスマートロック「RemoteLOCK」を設置。予約システム「まちかぎリモート」と連動させることで、人手を介さない運用による夜間の体育館開放を行う。

対象の中学校体育館は計16校で、12月以降、順次拡大予定。また、体育館の開放に先立ち、9 月中旬から利用団体の登録受付を開始する。

今回の取り組みは、同市の地域・行政課題をスタートアップ(成長型起業家)と市職員が協働して解決する国内自治体初のプロジェクト「Urban Innovation KOBE」(アーバンイノベーション神戸)で採択。2021年9月から約半年間、3校で実証実験を行った結果、正式運用を開始することになった。

「RemoteLOCK」は、Wi-Fi接続型・クラウド管理機能を備えたスマートロックで、RemoteLock社(本社:米コロラド州)が開発し、日本国内では同研究所が提供。

暗証番号による入室が可能で、年齢を問わず住民らが公共施設を利用するにあたり利便性が高く、またセキュリティの担保と施設の省人化運用の両立を図っている宿泊施設や店舗などでも、多くの利用実績がある。

また、「まちかぎリモート」は、予約・支払いから鍵の受け渡しまでをワンストップで行える施設予約システムで、同研究所が開発・提供。

関連URL

「神戸市の運用事例」

「RemoteLOCK」

構造計画研究所

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Qubena 小中5教科 全国50万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス