1. トップ
  2. ツール・教材
  3. NTTデータ/スマホ・タブレット向け「自動モード切り替え技術」を開発

2013年4月17日

NTTデータ/スマホ・タブレット向け「自動モード切り替え技術」を開発

NTTデータは15日、スマートフォンやタブレット端末の活用促進のため、3月にスマートデバイス向け「自動モード切り替え技術」を開発し、この技術を実装したAndroid向けアプリケーションをGooglePlayで無料配布すると発表した。

NTTデータが開発したのは、スマートデバイスが利用される場所、時間帯、利用者に合わせて、カメラやWi-Fi接続などのデバイス機能やアプリケーションの起動を、スマートデバイスが自律的に判断、制御する技術。

これにより、企業のセキュリティポリシーに応じた安全で便利なBYODの導入や、一台のスマートデバイスを複数人で利用するマルチユーザー利用が可能となる。

技術の可用性や運用面の課題を検証するため、4月からBYODの社内導入を開始する。

2013年度中にこの技術を活用した製品をリリースし、関連ビジネスによってグローバル市場で2016年度までに売上高50億円を目指す。

関連URL

詳細

問い合わせ先

NTTデータ
基盤システム本部
セキュリティビジネス推進室
セキュリティ技術担当
電 話:050-5546-9012

京都府教育委員会 Classi 府立高校12校において大学進学希望の高校生をICTでサポート!
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 失敗しない学校へのICT導入 5つのポイントを公開 ICT導入・活用無料セミナー開催 すらら
  • 無線LAN整備は整っていますか? チエル学校防災Wi-Fiパック
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録