1. トップ
  2. 教育行政・入札
  3. 前橋市/1億5000万円でタブレット約3000台を全公立小中学校に導入

2013年12月6日

前橋市/1億5000万円でタブレット約3000台を全公立小中学校に導入

群馬県前橋市は2014年度から、市内の全公立小中学校にタブレット端末を本格的に導入すると発表した。

リース期限が切れるコンピュータ室のデスクトップパソコンの置き換えを目的に、2013年度に指定校2校へ導入して実践研究を行い、2014年度は小学校25校・中学校13校に、2015年度は小学校24校・中学校7校、特別支援学校1校に導入する。

タブレット端末は各校41台ずつ、全校で約3000台を約5年間のリース契約で導入し、費用は約1億5000万円を想定。

現在のところ、タブレット端末の機種は未定だが、OSにマイクロソフトのWindowsを搭載した、タブレット端末とキーボードがセットになったタイプを採用することが決定している。

置き換えの理由として、普通教室などに持ち出せすぐに使えるという「機動性・即時性」や、「調べ学習」「協働学習」を行いやすいというタブレット端末の利点をあげている。

関連URL

前橋市

 問い合わせ先

前橋市教育委員会指導部 学校教育課
電 話:027-898-5815

アーカイブ

  • メルマガ登録受付中 みらいのまなび共創会議 ICT CONNECT 21