1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. 東京工科大学/世界最大規模のゲーム開発イベントの会場運営などに参加

2014年1月20日

東京工科大学/世界最大規模のゲーム開発イベントの会場運営などに参加

東京工科大学は、24日から26日にかけて世界6大陸71カ国の426会場で同時開催される世界最大規模のゲーム開発イベント「グローバルゲームジャム2014(GGJ)」の会場運営などに参加すると発表した。

GGJでは48時間でゲームの開発に挑む

「GGJ」は、ゲーム開発者の国際団体「IDGA」が開催する、48時間という制限時間内に、世界中の参加者が同時に共通のテーマでゲーム開発に取り組むイベント。

2012年に世界最大規模のゲーム開発イベントとしてギネス世界記録に認定され、2013年には世界63カ国300会場に約1万6700人が参加した。2014年は、1万7000名以上の参加が見込まれている。

国内では、北海道から沖縄までの全国21会場で実施される予定で、東京工科大学会場には国内過去最多の146名がエントリー。

東京工科大学は、メディア学部の三上浩司准教授と学生たちが中心となり、実践的なゲーム開発教育の一環として2010年からイベント運営などに携わっている。

また、学生がイベントに参加することで、ゲーム開発のプロセスが凝縮された現場を体験する貴重な機会となっているという。

関連URL

GGJ東京工科大学会場サイト

GGJ日本国内合同サイト

GGJ公式サイト(英文)

アーカイブ

  • メルマガ登録受付中 みらいのまなび共創会議 ICT CONNECT 21