1. トップ
  2. ツール・教材
  3. WARKと学びing/ビッグデータ分析して最適な学習方法を発見

2014年5月16日

WARKと学びing/ビッグデータ分析して最適な学習方法を発見

WARKと学びingは14日、学習管理システムなどのデータを分析し、最適な学習方法を発見する「学習履歴ビッグデータ分析サービス」の提供を共同で開始した。

サービスでは、学習管理システムなどに蓄積した学習履歴(構造化データ)をもとに、機械学習処理で学習パターンの抽出を行い、最適な学習環境や学習方法の発見を行う。

eラーニング教材、ビデオ、副教材、集合研修(教師/クラス)などの学習要因の組み合わせによる学習効果の差、大学や資格試験合格者に共通する成長パターンを分析して、受験者に適した学習対策を考察したレポートを提供する。

費用は50万円(税別)から。

WARKは、eラーニングのノウハウを提供し、学びingは、クイズサービス「けんてーごっこ」の分析や、DiTTデジタル教科書教材協議会会員との実証実験のノウハウ、旅行関連会社の分析受託で培ってきたノウハウを提供する。

関連URL

WARK

学びing

教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 失敗しない学校へのICT導入 5つのポイントを公開 ICT導入・活用無料セミナー開催 すらら
  • 豊富な小・中デジタル教材ならチエル 教育クラウドサービス開始!
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • 防災Wi-Fi FURUNO SYSTEMS
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録