1. トップ
  2. ツール・教材
  3. シャープ/Webブラウザ使った電子書籍ビューアの新サービス開始

2014年7月1日

シャープ/Webブラウザ使った電子書籍ビューアの新サービス開始

シャープは6月30日、汎用のWebブラウザだけで電子書籍の閲覧が可能な自社開発のソリューション「ブラウザビューア」の法人向けプランを拡大し、ネットワーク経由でアプリケーションを提供するASP型サービスを開始すると発表した。

辰巳剛司 モバイルソリューション事業部長

今年3月から提供を開始した「ブラウザビューア」のパッケージ版に加え、手軽に導入したい事業者向けにASP型のサービス「EBLIEVA(エブリーバ)ブラウザビューアASP」を追加した。

「EBLIEVAブラウザビューアASP」は、同社のコンテンツ配信サーバーをネットワーク経由で利用するので、運営事業者は独自にサーバーを所有する必要がなく、「ブラウザビューア」の導入に必要な初期投資を抑えることができる。

シャープでは今後、同社が提供する電子書籍ソリューションの統一ブランドを「EBLIEVA」とし、運営事業者の様々なニーズに対応していくという。

「ブラウザビューア」の表示例

また、シャープが運用する電子コンテンツストアサービス「GARAPAGOS STORE」は、専用アプリケーションを使わずに汎用Webブラウザだけで同ストアの電子書籍が閲覧できる環境を実現、6月30日から対応を開始した。

まずは、一部の電子書籍の「試し読み」機能から開始し、順次電子書籍の閲覧まで対応範囲を拡大していく。

「GARAPAGOS STORE」スマートフォン

これにより、Windowsパソコン対応ブラウザをはじめ、Mac OS、iOS、Android端末などで手軽に電子書籍のコンテンツを楽しむことができる。

「GARAPAGOS STORE」では、「ブラウザビューア」の特長を体験できる「特集コーナー」を新設し、合計243冊の無料読み放題と試し読み増量キャンペーン、購入金額の30%ポイント還元キャンペーンを7月31日まで実施する。

関連URL

電子書籍ソリューション

ブラウザビューア特集コーナー

問い合わせ先

モバイルソリューション事業部
ネットワークソリューション推進部
gp-solution@sharp.co.jp

アーカイブ

  • メルマガ登録受付中 みらいのまなび共創会議 ICT CONNECT 21