1. トップ
  2. データ・資料
  3. インフォテリア/アクティブラーニングでクラス全体の成績が向上 報告書公開

2015年2月5日

インフォテリア/アクティブラーニングでクラス全体の成績が向上 報告書公開

インフォテリアは4日、東京工業大学で取り組んでいる、スマートデバイスを活用したアクティブラーニングの有効性・実用化に関する報告書を公開したと発表した。

報告書を執筆した東京工業大学 電気電子工学科の千葉 明教授は、2014年4月から大教室での授業で「アクティブラーニング」を試行してきた。

授業は、学生のモバイル端末に、問題や資料、アンケートを簡単に配信できる、インフォテリアのクラウドサービス「Handbook(ハンドブック)」を導入し、参加型授業の実現を目指した。

その結果、「アクティブラーニング」の試行を通し、学生の理解度、生産性、満足度の飛躍的な改善と、クラス全体の成績の向上などアクティブラーニングの有効性・実用性が確認された、と千葉教授は報告している。

報告書は、専用ページで必要事項を記入の上、ダウンロードすることができる。

「Handbook」は、ドキュメントや動画、画像などをサーバーで管理して、タブレット端末で閲覧できるようにするサービス。

関連URL

電気電子工学科での多人数教室でのアクティブラーニングの試み

アーカイブ

  • メルマガ登録受付中 みらいのまなび共創会議 ICT CONNECT 21