1. トップ
  2. ツール・教材
  3. AXSEED/モバイル端末管理システムAndroid 5.0に対応

2015年2月24日

AXSEED/モバイル端末管理システムAndroid 5.0に対応

AXSEEDは23日、モバイル端末管理システム「SPPM2.0」が、4月末からAndroid 5.0(Lollipop)に対応すると発表した。

SPPM2.0 利用イメージ

「SPPM2.0」の利用アプリ制限の方法を大幅に変更してAndroid 5.0に対応したもので、ユーザーはセキュリティ・レベルが大幅に強化されたAndroid 5.0端末のリモート集中管理が可能となる。

Android OSの最新版 Android 5.0は、SELinux実行モードがサポートされ、デフォルトでの端末内データの暗号化やブルートフォースアタック(総当たり攻撃)耐性の強化、セキュアなデバイス共有等の機能が追加されたが、一方で、OSの仕様変更によって、トップ画面で稼働するアプリ情報の取得が不可能となったために、これまでの“トップ画面で稼働するアプリ情報をチェックして制御する”という方法ではMDMによる利用アプリ制限ができなくなった。

今回のAndroid 5.0対応はそうした点に対応するもの。

問い合わせ先

AXSEED

1Lサイズの省スペース設計 コンパクトデスクトップ ThinkCentre Tiny 新発売 Lenovo
実際に体験していただけます EDIX2017に出展 5.17-19 Classi
JAPET&CEC主催 自治体の実践事例に学ぶ、ICT活用! 5月26日(金)13時〜18時 DNP 大日本印刷
出展情報・商談予約 5月17日〜19日開催 EDIX2017 出展社特集
Web展示会 開催中・募集中

アーカイブ

  • 失敗しない学校へのICT導入 5つのポイントを公開 ICT導入・活用無料セミナー開催 すらら
  • 無線LAN整備は整っていますか? チエル学校防災Wi-Fiパック
  • 第8回教育ITソリューションEXPO 東京ビッグサイト西ホール1F 小間No.6-30 プリンストンブースのご案内はこちらから!
  • メルマガ登録受付中 みらいのまなび共創会議 ICT CONNECT 21