1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. 48.5%の保護者が小学校でのプログラミング授業に賛成

2016年9月26日

48.5%の保護者が小学校でのプログラミング授業に賛成

VSNは、「子どものプログラミング学習に関する意識調査」の結果を発表した。

36233_wnojygfajd「子どものプログラミング学習に関する意識調査」では、9月12日~15日の期間に、小学生以下の子どもを持つ10~40代の男女2706名を対象に、インターネットリサーチを実施した。

その調査結果によると、小学校でのプログラミングの授業について、48.5%が必要であると考えていることが分かった。その理由として、「未来のテクノロジーをさらに進化させて欲しい」「小学生の頃から基礎知識を身につけさせたい」などが挙げられた。

また、子どもが将来、プログラマーやエンジニアになることには55.4%が「賛成」と回答した。

関連URL

VSN

大阪府教育委員会 Classi 2016年度より生徒の学力向上をめざし、府立寝屋川高等学校での共同研究実施中
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の塾の新規開校事例はこちら すらら
  • 学校現場のICT活用最新情報誌 チエルマガジン 無料購読はこちら
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録