1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. 小学2年生が「ラズパイ+Scratch」でIoT体験に興奮

2017年5月26日

小学2年生が「ラズパイ+Scratch」でIoT体験に興奮

学習用のビジュアルプログラミング言語として圧倒的なシェアーを誇る「Scratch」。子どもたちの興味を喚起しながら、プログラミングを使ってあらゆる教科の学びの課程に活用することができる。スーパープログラミング学習ツールである。

しかし、残念ながら「プログラミング教育用ロボット」のような、プログラミング結果を実在の世界で検証することができない。プログラミング通りにいかない、現実世界を実感することができない。

ラズパイ(左)とセンサーボード

ラズパイ(左)とセンサーボード

そのScratch(PC)にRaspberry Pi(ラズベリー パイ=ラズパイ)とセンサーボードを繋ぐと、あたかも、IoTの一部になったようにPC中のプログラミングと実世界が連動する。

みらいスクールが運営するGifte!(ギフテ)とオンライン学習のShareWis(シェアウィズ)が提供する「ラブベリーパイの電子工作スクール」では、「ラズパイ+Scratch」で様々な体験を提供している。

この日のテーマは、センサーボードをつないで、「音や明るさセンサーを使ったゲームをつくる」。

音センサーでは、自分の声の「大・中・小」や手や机を叩いたりして、Scratchのステージに表示される「監視板」の数値をチェック。

ねこがネズミを追いかけるプログラム

ねこがネズミを追いかけるプログラム

続いて、Scratchでねこがネズミを追いかけるプログラミング。小学校2年生で、僅か2度目の教室にもかかわらず、すでにScratchのブロック操作は問題ない。ネズミが嫌いだという子は、「ねことネズミ」を「コウモリと鳥」に変更して動かしている。

追いかけるプログラミングができたところで、今度は動きのスピード加減を自分の声の強弱で調整するプログラム。センサーに大声で叫ぶと、ネズミは目にも留まらぬ速さで動き回り。小声にするとゆっくり動く。子どもたちは、限界を求めて大声で叫び続けるから、大変な騒ぎ。

次は、明るさセンサーを使って昼と夜を切り替える「そらのかみさま」。明るいときはScratchの画面が昼の世界で、暗くなったら夜の世界にかわる。

光の強さで画面を調整

光の強さで画面を調整

こちらもはじめに、明るさがセンサーでどれくらいの数値になるか確認する。「何もしない」「手で隠す」「部屋の明かりを消す」と、調べたところで外光があるのに気づいた子が「ブラインド閉めて」と要求する。必死で手で

隠し「2」という最小数値を記録した。ちなみにこの子は、部屋の明かりが付いていても「4」という驚異的な数値を記録。

PC内だけでなく、外の世界と繋がったことで、子どもたちは画面の中だけでは感じられない「実体」を伴う興味をかき立てられているようだった。

関連URL

Gifte!(ギフテ)

ShareWis(シェアウィズ)

神奈川県教育委員会 Classi 2016年度〜2018年度 ICTを活用した授業力向上と授業改善に関する共同研究実施中
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 失敗しない学校へのICT導入 5つのポイントを公開 ICT導入・活用無料セミナー開催 すらら
  • 無線LAN整備は整っていますか? チエル学校防災Wi-Fiパック
  • アプリで英検対応 新試験に対応 EAST Co., Ltd.
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録