1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. Mac環境でもファイル暗号化・追跡できる 「FinalCode Client for Mac」

2017年5月10日

Mac環境でもファイル暗号化・追跡できる 「FinalCode Client for Mac」

デジタル・アーツは9日、企業や官公庁向けファイル暗号化・追跡ソリューション「FinalCode」のMac版クライアント「FinalCode Client for Mac」を提供開始した。

 「FinalCode Client for Mac」暗号化ファイル作成画面

「FinalCode Client for Mac」暗号化ファイル作成画面

世界では多くの企業や各国の官公庁、国内ではデザイナーや出版社、音楽業界など特定の業種・業務でMacが利用されているが、WindowsとMacの双方の環境において、機密情報ファイルの「標的型攻撃」による流出や、「内部の悪意」による不正持ち出し、第三者による「間接情報漏洩」を防ぐ目的で、「FinalCode」を利用したいという顧客からの要望を受け、デジタル・アーツでは「FinalCode Client」のMac版「FinalCode Client for Mac」を世界同時に提供開始したという。

これにより、Mac環境でも重要ファイルの暗号化、利用状況の追跡、遠隔削除が可能になり、Office文書やPDFファイルを安心して利用できる。

同社では今後、Mac利用者に多く使われているAdobe社製のデザイン系アプリケーションファイルにも対応できるよう開発を進めていくという。

関連URL

「FinalCode Client for Mac」紹介ページ

Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 失敗しない学校へのICT導入 5つのポイントを公開 ICT導入・活用無料セミナー開催 すらら
  • 無線LAN整備は整っていますか? チエル学校防災Wi-Fiパック
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録