1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. スクー/リアルタイム動画学習サービスで「福島の現状」を考える

2014年3月6日

スクー/リアルタイム動画学習サービスで「福島の現状」を考える

schoo(スクー)は5日、インターネット生放送を活用したリアルタイム動画学習サービス「schoo WEB-campus」で、ふくしま復興塾が東日本大震災3周年を契機として、福島の「子ども」「コミュニティ」「食」をテーマにした連続放送を実施すると発表した。

「福島の現状」を考える連続生放送授業

この放送は、オンラインで参加するユーザーとリアルタイムにコミュニケーションを行うことができるスクーのシステムを活用し、参加型で「今、日本に暮らす人々が改めて考えなければならないこと」を一度見つめなおす機会を全国に発信するために行うもの。

参加費用は無料。

第1回目の放送は6日(木)17時~18時(60分)、その後の講義は毎週金曜日の同時間で5週続けて「schoo WEB-campus」で福島から実施する予定。

ふくしま復興塾は、福島大学うつくしまふくしま未来支援センターが主宰する人材育成プロジェクト。

授業概要とスケジュール

①震災から3年。みんなで福島の今、そして未来に向き合おう!(第一回目:入門編)
②次世代リーダーが伝える福島の現状(第二回目:子ども編)
③次世代リーダーが伝える福島の現状(第三回目:コミュニティ編)
④次世代リーダーが伝える福島の現状(第四回目:食 前編)
⑤次世代リーダーが伝える福島の現状(第五回目:食 後編)

関連URL

schoo WEB-campus

問い合わせ先

schoo
support@schoo.jp

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
KDDIまとめてオフィス 教育現場のタブレット 選定 調達 導入 運用 まとめてサポート
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
21世紀を生き抜く力を育む 幼児からシニアまで楽しくICT+プログラミングを学べる ICTクラブ大泉学園 無料体験会開催中
EDIX2019出展者特集 掲載記事募集中

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×アクティブラーニング実践事例
  • 4月3日(水)最新号発行!無料でお届け。 チエルマガジンお申し込み CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス