1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 東和エンジニアリング/障がい者向け情報配信システムを筑波大学が導入

2014年9月17日

東和エンジニアリング/障がい者向け情報配信システムを筑波大学が導入

東和エンジニアリングは16日、キャンパス内で障がい者への「情報伝達を保証」するリアルタイム情報配信システムの筑波大学での導入事例をWebで公開した。

情報配信システム

障害学生修学支援ネットワークの拠点校である筑波大学は、障がい学生が修学しやすい共生キャンパスの実現に向けて取り組んでいる。

今回、広大なキャンパスの中で学修情報やキャンパス情報、緊急時の誘導情報などを入手しやすい環境の整備を進め、電子掲示板を活用したシステムを導入した。

東和エンジニアリングは、設置場所の選定、屋外に対応するための耐久性強化や車椅子などに配慮した電子掲示板の高さなどの仕様、手軽な情報更新や管理のしやすさといった運用面などから提案を行い、リアルタイム情報発信システムの導入をサポートしたという。

関連URL

納入事例(筑波大学)

問い合わせ先

東和エンジニアリング 教育ソリューション営業部

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Qubena 小中5教科 全国50万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス