1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. IPA/ヒップホップ標語が情報モラル・セキュリティコンクールで最優秀賞

2014年12月12日

IPA/ヒップホップ標語が情報モラル・セキュリティコンクールで最優秀賞

情報処理推進機構(IPA)は10日、第10回IPA「ひろげよう情報モラル・セキュリティコンクール」の受賞作品を決定し、公開した。

「ポスター部門」最優秀作品

2014年度のコンクールでは、全国の小学生、中学生、高校生・高専生から、「SNS」をメインテーマに、インターネットを安全に使うための注意点や、メール・SNSでのコミュニケーションを楽しくする工夫などを募集。

これまでの標語部門、ポスター部門、4コマ漫画部門のほかに、特別企画として、書写(硬筆)部門、「私たちの情報モラル・セキュリティ行動宣言」部門を新設した。

「4コマ漫画部門」最優秀作品

最優秀賞には、標語部門は、ヒップホップを思わせるリズム感で、具体的な対策を表現した「Yes. Ok. クリック前に 一呼吸」という、中学校2年の柘植創太さんの作品が選ばれた。

ポスター部門は、小学校6年の井上きりこさんによる「トラブルメール 送っていませんか?」が選出。1枚の絵の中に物語を感じられる「読んで楽しい」作品と評価された。

4コマ漫画部門は、高校1年の亀井のこさんによる「携帯の時間じゃなくて・・・。」という、絵文字を使って場面を展開させる独創的な作品が選ばれた。

2014年度の応募数は標語部門3万3299点、ポスター部門4427点、4コマ漫画部門4571点、合計4万2297点となり過去最多。また、新企画の書写には5468点、行動宣言には3012点の応募があった。

入選作品は今後、同コンクールパンフレット、「情報セキュリティ白書」などに掲載し、情報セキュリティ対策の普及啓発活動に活用するという。

関連URL

第10回IPA「ひろげよう情報モラル・セキュリティコンクール」
IPA

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
子ども向けプログラミング学習サービス ライセンス販売 出張講座・共催 ユーバー株式会社
EDIX2019出展者特集 掲載記事募集中

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×アクティブラーニング実践事例
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス