1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. イーオン/教育機関を対象にサービス提供する部門を新設

2015年2月19日

イーオン/教育機関を対象にサービス提供する部門を新設

イーオンは18日、小学校から大学までの教育機関を対象に、同社の英語指導ノウハウを活かしたサービスの提供を行う法人部門「学校教育課」を3月1日付で新設すると発表した。

「学校教育課」では、大学、高校の正課授業へ教師を派遣し、それぞれの学校方針に合わせた授業を実施するほか、TOEICやTOEFL、IELTS、TEAP等の

資格試験の対策講座も提供する。また、教職員の英語力を向上させるための研修や“英語で英語を教える”ための指導方法を学ぶセミナーを実施する。

文部科学省が進める「グローバル化に対応した英語教育改革実施計画」により、“4技能の総合的育成”に向けて英語教育の現場は大きな転換点を迎えている。それにともない、英語の授業内容の改革をはじめ、“英語で英語を教える”指導教員の育成などが急務の課題となっている。

イーオンでは、40年以上にわたって“英語で英語を教える”指導を行う同社のノウハウを活かし、教育現場のニーズに即した学事支援事業を実施すべく「学校教育課」を新設した。

関連URL

イーオン

教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の学習塾 ICT活用事例はこちら すらら
  • 学校現場のICT活用情報冊子を無料でお届け チエルマガジン申し込みへ
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • eラーニングの録画・配信 Matrox Monarch LCS
  • 進研模試に連動したアダプティブラーニング 合格への戦略 高1〜高3 お申込み受付中!
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録