1. トップ
  2. ツール・教材
  3. 中高の運動部活動をICTで総合サポートするWebサイト「JASP」

2016年4月27日

中高の運動部活動をICTで総合サポートするWebサイト「JASP」

保安企画は、NTT西日本、オール・オン・スポーツとともに、中学校・高等学校の運動部活動向けサポートサービスの開発に向けて共同検討を進めてきた。その結果を踏まえ、中学校・高等学校の運動部に所属する生徒とその顧問をサポートするサービス「ジュニアアスリートサポートプログラム(JASP=ジャスプ)」を保安企画から25日提供開始したと発表した。

jasp部活動は、現行学習指導要領においては、学校教育の一環として明確に位置づけられているが、運動部活動指導では、教員数減少・高齢化による指導・引率の負担増や、担当する運動部活動の競技経験のない顧問が指導せざるを得ない状況が存在している。一方で、運動部に所属する生徒のニーズは、指導の高度化・専門化やスポーツ医・科学を活用した指導体制の構築等、多様化しているという。

これらの背景を踏まえ3社は、スポーツ医・科学を活用した情報を映像コンテンツとして提供し、ICTを活用した指導体制の支援、および指導者の負担軽減による「生徒へのスポーツ医・科学を活用したサポート」や「指導者へ短時間かつ容易に専門的知識を習得可能にするサポート」の実現をめざして、本サービスの共同検討を進めてきた。

2015年12月からは、中国・東海エリアで本サービスのトライアルを実施し、その結果、生徒からは「自分の弱点や正しいトレーニング方法を確認できた。自宅での練習にも活かせそう」、顧問の教師からは「顧問自身で伝えるのが困難なスポーツ医・科学に関連した情報を部活動指導に活用できた」という評価・感想があった。

これらの共同検討やトライアルを踏まえ、運動部に所属する生徒一人ひとりが、必要に応じたトレーニングメニューを効果的に実施できる本サービスの提供を開始することにした。

利用料金は、会員料個人が1ID月額500円(税抜)、団体(自治体/公立学校/私立学校等/競技団体/法人等)が1ID年額3360円(税抜)~4800円となっている。

関連URL

JASP

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Qubena 小中5教科 全国50万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス