1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. AI研究のパイオニアを特集「テクノロジストマガジン」vol.4発刊

2016年10月24日

AI研究のパイオニアを特集「テクノロジストマガジン」vol.4発刊

クリーク・アンド・リバー社のプロフェッサー・エージェンシーは21日、大学や企業などの研究機関に所属する研究者たちの素顔や生きざまに光をあてたヒューマンドキュメント誌「Technologist’s magazine (テクノロジストマガジン)vol.4」の発刊を発表した。

1024-cr同号では、はこだて未来大学の副理事長、松原仁教授を特集。松原教授は、AIが見向きもされなかった1980年代から30年以上にわたって最前線で研究を続け、とりわけ、コンピュータ将棋の研究やロボットによるサッカーワールドカップ「ロボカップ」の立ち上げなど、常に先陣に立って新たな道を開拓してきたという。

「日本はアメリカのAI研究を追うのではなく、違う道を攻めるべき」と語る松原氏の視線の先には何が見えているのか、無手勝流で切り拓く境地をインタビューした。

その他にも、「夢の紙」と呼ばれる新素材LIMEXを開発するTBM社や、食品の香味と成分間の指標化に関する研究を進めるサントリーグローバルイノベーションセンターの中原光一氏のインタビューなど、第一線で活躍する研究者たちの素顔に迫っている。

同雑誌は隔月発行で企業や大学の研究機関などに対して20000部を発行しているほか、1冊515円 (税込) で一般の購読も受け付けている。

購読の申し込み
プロフェッサー・エージェンシー

ICTを苦手の可視化とボトムアップに活用 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 自動生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム デジタルドリル+学び合いツール “自分”で学ぶ 学びを“支える” “一緒”に学ぶ navima(ナビマ) 詳細はこちら
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス