1. トップ
  2. データ・資料
  3. 大学入試「英語の検定利用」、どの検定のどのレベルが必要か

2016年12月16日

大学入試「英語の検定利用」、どの検定のどのレベルが必要か

旺文社の教育情報センターは13日、2017年度大学入試(推薦・AO、一般入試)における英語の外部検定利用について、全大学の入試要項の分析を行いその結果を発表した。

1215-ob1

調査結果によると、外部検定を入試に利用している大学数は、国公立大学、私立大学ともに推薦・AO、一般入試で増加。特に国公立大学の推薦・AOと私立大学の一般入試で大幅な増加がみられる。全764大学中、推薦・AOで41%(314大学)、一般入試で14%(110大学)が入試に外部検定を利用する。

1215-ob2

どの外部検定を受けておけばよいかでは、推薦・AO、一般入試ともに「英検」の採用が9割以上となっており、学習指導要領に沿った出題が理由と考えられるという。

1215-ob3

外部検定利用入試で求められる英語レベルでは、推薦・AOは標準的、一般入試は高め、私立大で標準レベル、国立大では高めの結果となった。大学入試では準2~準1級を求める場合が大半で、準1級を求めるケースは国立大や私立難関大で見受けられるという。

関連URL

旺文社

世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
ICTクラブ大泉学園 無料プログラミング体験会 やってみなくちゃ分からない ゲームをプログラミングしよう!
出展情報・商談予約 6月19日~21日開催 EDIX2019 出展者特集

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×アクティブラーニング実践事例
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス