1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. すららネットが経済産業省の「はばたく中小企業300社」に選出

2017年3月27日

すららネットが経済産業省の「はばたく中小企業300社」に選出

すららネットは24日、経済産業省中小企業庁が発行する「はばたく中小企業・小規模事業者300社」に選出されたと発表した。

スリランカの「Surala JUKU」授業風景

スリランカの「Surala JUKU」授業風景

「はばたく中小企業・小規模事業者300社」は、日本経済の屋台骨を支える中小企業の持続的・安定的な成長を後押しすべく、生産性向上・需要創造・担い手確保など、各分野で優れた取り組みを行う企業を選定したもの。

今回の選出は、アダプティブ・ラーニングに対応したクラウド型学習システム「すらら」の企画・開発という「ものづくり」の側面と、国外でのBOP層のニーズやビジネスの可能性を発掘し、世界の教育格差の問題を解決するという「需要創造」の側面が認められたものだという。

同社では、「教育に変革を、子どもたちに生きる力を」という理念のもと、学習塾や学校を通じて「すらら」を提供するほか、NPO法人と連携して低所得世帯の学習支援活動にも提供している。

また、日本人向けの「すらら」をもとに、海外用に小学生向け算数クラウド型学習システム「Surala Ninja!」の企画・開発を行っている。特にスリランカでは、JICA中小企業海外展開支援事業の採択を受け、「Surala JUKU」を事業化。「Surala Ninja!」を使うことで、教師のレベルに左右されずに効果の高い算数教育を、低所得者層の子どもを中心に低価格で提供して高評価を受けているという。

さらに、「Surala JUKU」の講師として現地の女性を積極的に採用し、女性の雇用機会創出にもつなげている。

すららネットでは、国内のみならず世界に向け、今後も品質の良い教育を低価格で提供することで、社会問題の解決に貢献していきたいとしている。

ICT活用による公立校の学力向上大作戦 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム デジタルドリル+学び合いツール “自分”で学ぶ 学びを“支える” “一緒”に学ぶ navima(ナビマ) 詳細はこちら
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
RICOH パソコン環境を有効に活かす 大型提示装置の活用ヒント集 無料DL
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス