1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. タブレット演習教材「おさらい先生」厚木市の全小学校で導入

2017年6月27日

タブレット演習教材「おさらい先生」厚木市の全小学校で導入

教室ICT実践会は26日、同会が普及推進するタブレット演習教材「おさらい先生」が、神奈川県・厚木市教育委員会が実施する放課後の学習支援「あつぎICT元気塾」に導入され、7月から本格的に授業が開始されることを発表した。

01「おさらい先生」は、算数・数学の代数計算と、国語の文章読解を自立学習形式で学び、力をつけることができる紙感覚の手書き、無学年制のタブレット演習教材。

今回の導入では、学習事項が増え、授業についていけなくなる児童が増えると懸念される小学3年生に焦点を合わせ、無学年で自分のできないところまで戻って学習できる「おさらい先生」を活用して自学・自習ができる児童を育てることや、算数・国語の基礎学力を定着されることを狙いとしている。さらに、2学期以降は「元気塾」参加者以外の全児童にも利用の幅を広げ、全校でのICTの活用を予定している。

今回、厚木市に導入される「おさらい先生」は、ブラウザ上で動作するWeb版。これまでの導入事例はAndroid OS用のネイティブ版だったが、Web版の登場によりOSやデバイスの制約がなくなった。また、厚木市向けの特別仕様として、まだリリース前の「漢字 (読み)」を搭載しており、読解以前に必要な基礎学力である漢字の読みの克服に、子どもたちと一緒にチャレンジしていく。

関連URL

おさらい先生

教室ICT実践会

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
KDDIまとめてオフィス 教育現場のタブレット 選定 調達 導入 運用 まとめてサポート
主体的に学ぶ力をのばす Classiポートフォリオ 2つの新機能登場! 1:アルバム機能、2:学びの振り返り機能
子ども向けプログラミング学習サービス ライセンス販売 出張講座・共催 ユーバー株式会社
EDIX2019出展者特集 掲載記事募集中

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×アクティブラーニング実践事例
  • 4月3日(水)最新号発行!無料でお届け。 チエルマガジンお申し込み CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス