1. トップ
  2. 学校・団体
  3. デジハリ、ロボットサービスをデザインする講座を7月開講

2017年6月30日

デジハリ、ロボットサービスをデザインする講座を7月開講

デジタルハリウッドは29日、2015年11月に開校した「Digital Hollywood Robotics Academy」内の「サービスロボティクス専攻」に、ロボットスタートと共同で「サービスデザインプログラム」を7月から開講すると発表した。

d496-1275-208522-0同講座の目的は、ロボットコンテンツプロデューサーとして、ロボットアプリの開発に重要となるコミュニケーションデザインに必要なサービスデザインの手法、知識を身に着けること。また、ロボットを使ったサービスのユーザー体験をデザインするというもの。

講座はサービスロボットを主にしているが、昨今話題のチャットボットなどの人工知能を活用した顧客体験の開発にも、サービスデザインのメソッドは活用できるという。

そのため、ロボットを使用したソリューションを開発しているエンジニアや、ロボット・AIを使用したサービスを企画しているマーケッターや新規事業担当者、大学などの高等教育機関や研究所でロボット・AI関連領域に取り組んでいる研究者など、幅広い層を対象とした講座になるという。

講師には、早くからサービスデザインに取り組んでいる多摩美術大学情報デザイン学科の吉橋准教授を迎え、さらにロボット分野の実例や知見を伝える特別講師としてロボットスタート取締役副社長の北構武憲氏はじめ、業界の最前線で活躍する有識者が登壇する予定。

サービスデザインプログラムの概要

開講予定日:7月19日(水)
受講期間:3カ月、全8回(7/19、7/26、8/2、8/9、8/23、8/30、9/6、9/20)、19:30~21:30(2h)
教 室:デジタルハリウッド大学・駿河台キャンパス[東京都千代田区神田駿河台4-6御茶ノ水ソラシティ アカデミア]
定 員:32人
受講料:9万円(税別)、ロボティクスアカデミー修了生は1万円割引き

関連URL

サービスデザインプログラム

世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
NICA 全国ICTクラブ協会 無料セミナー Society5.0時代を生き抜く子どもを育てるための ママパパICT&プログラミング講座

アーカイブ

  • みらいスクールステーション 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • すらら×オーダーメイドの学び
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス