1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. WAKUWAKU JAPAN、日本語教育のオリジナル新番組が10月スタート

2017年9月22日

WAKUWAKU JAPAN、日本語教育のオリジナル新番組が10月スタート

WAKUWAKU JAPANは、世界の子どもたちが日本を好きになるきっかけを作るような日本語教育のオリジナル新番組「あそんで まなぶ にほんご あじゃぱん」を、10月2日からインドネシア・ミャンマー・シンガポール・台湾・スリランカ・ベトナム・モンゴルで放送開始する (タイは12月30日から来年1月27日まで放送の予定)。

番組キービジュアル

番組キービジュアル

同番組は総務省放送コンテンツ海外展開基盤総合整備事業の一環として行われるもので、歌やリズム・アニメーションで日本語の「音」に慣れ親しみ、親子で楽しみながら日本語を学べる教育番組となっている。

出演は「ピコ太郎」と「ケロポンズ」。「ピコ太郎」はオープニングにオリジナルの新曲を披露するほか、「ひともじにほんご」「ぱぴぷぺピコ太郎」のコーナーに出演。日本語と日本をテーマに、世界の子どもたちに日本語のおもしろさを発信する。また、番組宣伝用の動画にも出演し、今後日本でも視聴可能な動画を公開していくことを予定している。

一方、「ケロポンズ」は歌って踊って体の名称を覚える「からだだんす」を作詞作曲して披露。体の名称が自然と身につくだけでなく、体も健康になるプログラムとなっている。

日本の子ども向け教育番組は、番組構成や映像などのクオリティの高さが海外で高い評価を受けており、新番組ではその視聴ニーズに応えるとともに、番組に出演する「ピコ太郎」や「ケロポンズ」の個性をより発揮した番組構成なども含め、良質のエンターテインメント・コンテンツを使って日本の魅力を伝えていきたいとしている。

関連URL

あじゃぱん番組宣伝動画

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
KDDIまとめてオフィス 教育現場のタブレット 導入実績多数!まとめてサポート
教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
子ども向けプログラミング学習サービス ライセンス販売 出張講座・共催 ユーバー株式会社
EDIX2019出展者特集 掲載記事募集中

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×アクティブラーニング実践事例
  • 4月3日(水)最新号発行!無料でお届け。 チエルマガジンお申し込み CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス