1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. セキド、クラウド型ドローン3Dマッピングソフト「propeller」発売

2017年11月2日

セキド、クラウド型ドローン3Dマッピングソフト「propeller」発売

セキドは1日、ドローンクラウド型測量ソリューション「propeller」の取り扱いを、同日から開始したと発表した。「propeller」は、世界100カ国以上の業界トップ企業調査が現場に導入しているハードウェアおよびソフトウェア製品。

d16343-104-297214-0「propeller」のクラウドプラットフォームは、DJI GSPRO(DJIドローン自動航行アプリ)などで撮影されたデータを活用し、誰でも地形などの3Dデータ、測量データが作成できる次世代ドローン測量システム。

作成したデータは、ブラウザ上の簡単な操作で土量算出、各種計算、調査・検査などを行い、データはいつでも誰にでも共有可能。さらにAeropointsを利用することで、土地測量の技術がないユーザーでも対空標識を用いた精度向上を実現できる。

「propeller」は、点群化処理から3Dデータ作成、土量や傾斜角などの計算全てを専用クラウドサーバーを介すため、ノートPCなどのブラウザから操作が可能。専用PCやインストール型のソフトウェアは一切必要ない。

AeroPointsは、対空標識にGPSなどを利用した位置測位機能を搭載。測位されたデータはサーバー上でシステムを介し精度を高める。地上に設置後、1ボタンで即位しデータアップロードが可能。Propellerシステムに特化しているため、評定点を自動で検知する。

また、ドローンと「Propeller」プラットフォームおよびAeroPointsスマートグラウンドコントロール技術を組み合わせた詳細で正確な測量データを作成し、センチメートルレベルの正確なデータを確保することで、現場での生産性を向上する。

「Propeller」は、不動産業、建設業、プラント、コンサルティング業、運輸・物流業、鉱業、土木、農林業、総合化学、石油・石炭、鉄鋼、電気・ガス、メディア関係、WEB関係、ゲーム関係、情報・通信業、損害保険業、教育、研究施設にお勧めだという。

関連URL

propeller

ICTを苦手の可視化とボトムアップに活用 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
「学びたい!」が溢れ出す navima(ナビマ) 子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム
Cat6A 国内シェア No.1 カテゴリ6A LAN配線のことなら PANDUIT TM 校内LAN整備のQ&A 詳細はこちら
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
RICOH パソコン環境を有効に活かす 大型提示装置の活用ヒント集 無料DL
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • こらからの日本の教育ICTにフィットした環境作りを目指して 10月21日(水) 14:00~ オンライン SYNNEX
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス