1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 大学図書館情報システムで「リザベーション・エンジン」が利用可能に

2017年12月21日

大学図書館情報システムで「リザベーション・エンジン」が利用可能に

インタークエストは20日、同社の予約システム「リザベーション・エンジン」が日本事務器のクラウド型大学図書館情報システム「ネオシリウス・クラウド」のオプションに採用され、12月1日から提供を開始したと発表した。

d26491-4-678976-0今回の提供で、図書館施設に設けられたラーニング・コモンズスペース(自習室や練習室など)や備品(パソコンやプレゼンテーション設備など)に対して、利用者が24時間365日いつでも、利用デバイスを問わず、インターネットからの予約状況照会、予約受付ができるようになった。

大学図書館情報システム「ネオシリウス・クラウド」と連携し、シングルサインオンで予約システムが利用できる(準備中)。また、クラウドサービスとして利用できるため、常に最新のアプリケーションと手厚い運用サポートを受けることができる。

「ネオシリウス・クラウド」は、オンプレミス型(サーバ導入型)の大学図書館情報システム「ネオシリウス」の機能をそのままに、アプリケーション、運用サポートをクラウド型で提供するサービス。

標準機能内でOPAC(Online Public Access Catalog)やMyLibrary、Emailサービスといった学生・教員向けサービス、また資料の受発注、目録データ管理、予算管理、貸出カウンター業務、ILL(Inter Library Loan)などの業務機能を網羅している。

一方の「リザベーション・エンジン」は、あらゆる業種に対応したASP・クラウド型の予約システムとしてインタークエストが開発・提供する予約システム。業種別のきめ細やかな対応と予約業務の効率化で、予約獲得と顧客囲い込みに力を発揮する。これまでに上場企業・自治体・学校法人等教育機関を含む全国約400社の企業・法人が利用している。

関連URL

大学図書館情報システム「ネオシリウス・クラウド」

リザベーション・エンジン

新高3生対象 合格への戦略 Benesse 進研模試の成績と連動! 1.11から申込みスタート
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の塾の新規開校事例はこちら すらら
  • 英語の4技能を徹底支援 語学学修ソリューション CALL+MALL
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録