1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. シネックスインフォテック、Chromebook専用教育・授業支援アプリの販売開始

2018年3月23日

シネックスインフォテック、Chromebook専用教育・授業支援アプリの販売開始

シネックスインフォテックは22日、スリーワンシステムズの日本での販売が初となるChromebook 専用教育・授業支援アプリ「Netop Vision for Chromebooks (ネトップ・ビジョン・フォー・クロームブックス)」の販売を開始すると発表した。

0322-si「Netop Vision」はこれまでWindows版を中心に日本全国の学校及び教育委員会に導入され、学校におけるIT活用に貢献してきた教育支援ツール。今回リリースする「Netop Vision for Chromebooks」は、Google が手掛けた教育向けのツール Google Classroomと同期・連携して使用が可能で、しかもChromebook 利用時にのみ使える専用バージョン。教育ICT現場でよく利用されるモニタリング機能やWeb制御機能など5つの機能に絞って日本での展開を開始する。

日本での発売記念として、既にChromebookを導入している、また、これから導入の学校向けに無償モニターキャンペーンも用意したという。

Netop Vision for Chromebooks の主な機能と特長としては、「教師の操作画面を生徒に一斉共有」、「生徒の様子を一斉にモニタリング」、「集中ロック機能」、「Web制御(指定ページの起動/プッシュリンク)機能」、「メッセージの送信機能」等がある。

価格は、ユーザーライセンスが1500円/年 (税別)、デバイスライセンスが4800円/年 (税別)となっている。

関連URL

無償モニターキャンペーン

Netop Vision for Chromebooks

Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
DRONE STAR PROGRAMING 創造的課題と動画撮影が論理的思考を育むドローンプログラミングアプリ
EDIX2018 出展社特集 出店情報・商談予約 5月16日〜18日開催
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の学習塾 ICT活用事例はこちら すらら
  • 学校現場のICT活用情報冊子を無料でお届け チエルマガジン申し込みへ
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • 講義の遠隔視聴・収録 Matrox Monarch LCS
  • 進研模試に連動したアダプティブラーニング 合格への戦略 高1〜高3 お申込み受付中!
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録