1. トップ
  2. 学校・団体
  3. ECC開発の外国語対話アプリ、近畿大学附属高の授業で共同実証実験

2018年4月3日

ECC開発の外国語対話アプリ、近畿大学附属高の授業で共同実証実験

ECCは2日、近畿大学附属高等学校と共同で、同社の開発した対話アプリケーションを使った外国語習得に関する実証実験を行うことを発表した。

近畿大学附属高等学校では、2013年からiPadを生徒一人一台持つなど、ICT教育に力をいれている

近畿大学附属高等学校では、2013年からiPadを生徒一人一台持つなど、ICT教育に力をいれている

ECCが開発した外国語対話無料アプリ「おもてなCityへようこそ!」は、1人でも英語の対話トレーニングができる自学学習用ツール。AIを組み込み、「音声認識」「音声対話技術」を利用した対話アプリケーションで、反射的な対話のトレーニングを可能とする。同アプリで外国人との対話練習、シミュレーションを行うことで、会話練習不足を補い、対話力の向上を目指す。

アプリでは、英語学習初心者の主人公になって、外国人観光客とさまざまなシチュエーションで対話を行う。いくつかのストーリーを継続的に体験していくことで、映画や小説、ゲームの世界に入り込んでいくような体験学習を実現する。

近畿大学附属高等学校ではiPadを生徒に1人1台持たせるなどICT教育に力を入れており、英語を通じてグローバル社会で活躍できる人材育成を目指していることから、ECCの対話アプリを使って共同で実践的な英語学習の環境づくりに取り組むこととなった。実証実験では、同アプリを英会話トレーニングツールとして3年生の指定クラスに導入し、京都の北野天満宮を訪れる訪日外国人に英語でインタビューをして、トレーニングの効果を検証する。

関連URL

おもてなCityへようこそ!

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
ICTクラブ大泉学園 無料プログラミング体験会 やってみなくちゃ分からない ゲームをプログラミングしよう!

アーカイブ

  • みらいスクールステーション 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • すらら×オーダーメイドの学び
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス