1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 子ども向け富士通ノートPCにDeNAの「プログラミングゼミ」が標準搭載

2018年6月13日

子ども向け富士通ノートPCにDeNAの「プログラミングゼミ」が標準搭載

DeNAは、同社の開発した小学校低学年向けプログラミング学習アプリ「プログラミングゼミ」が、富士通の小学生向けノートパソコンの新製品に標準搭載されることを発表した。新製品は7月26日に発売される。

2「プログラミングゼミ」が標準搭載されるのは「LIFEBOOK LHシリーズ」の「LH55/C2」と「LH35/C2」の2種類。教育のICT化を見据え、小学生がはじめて家庭で使用する「自分専用のパソコン」という位置づけで、小学生向けに設計・開発された。

「プログラミングゼミ」はビジュアルプログラミングを採用し、パズルや既成プログラムの組み替え、ゼロからのオリジナル作品の制作など、基礎から応用、創作まで、小学校低学年の子どもたちでも理解しやすく、楽しみながらプログラミングの概念を習得できるようにつくられたプログラミング学習アプリ。

子どもたちが描いた絵をアプリに取り込むことで、絵が自分のプログラムに沿って動くインターフェイスを取り入れており、子どもたちの創作意欲を喚起する。また、子どものアプリの使いすぎを防ぐため、1日のアプリ利用時間を制限する機能を備えているなど、親子で安心して利用できるようになっている。

DeNAではCSR活動の一環として、小学生に向けたプログラミング教育を推進しており、未来を担う子どもたちがより早い段階からプログラミングを体験することが大切であると考え、多くの教育関係者の協力のもと「プログラミングゼミ」を開発した。2020年から始まるプログラミング教育必修化に向け、プログラミング的思考を学べる教材の選択肢の1つとして、学校や塾などの教育現場や企業で活用されることを期待している。

関連URL

プログラミングゼミ

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 創造性を育む学びに Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス