1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. LINEと防災科学技術研究所、インターネット・AI活用した防災分野で連携

2018年9月27日

LINEと防災科学技術研究所、インターネット・AI活用した防災分野で連携

LINEは26日、防災科学技術研究所(NIED)と、「インターネット・AI技術を活用した防災・減災に向けた連携協力に関する協定」を締結したと発表した。

d1594-1250-561607-1この協定は、国民生活に身近なインターネット・AI技術を、防災・減災分野で積極的に活用し、災害対応能力の高い社会を構築することを目的としたもの。同社が、国立研究開発法人と共同の取り組みを行うのは、今回のNIEDとの連携が初。

同協定に基づき、新たに開設する「LINE」の防災向けAIチャットボットアカウントを活用して発災時の情報を収集。

「SIP4D」の組織同士がつながる情報共有・統合技術と連携させることで、災害状況を迅速に把握・伝達し、効果的な災害対応を支援する仕組みの実現に向けた取り組みに着手する。

また、情報通信研究機構(NICT)ユニバーサルコミュニケーション研究所が開発している「対災害SNS情報分析システム(DISAANA)」や「災害状況要約システム(D-SUMM)」とも連携させ、TwitterなどのSNSの情報も併せて活用することで、より正確かつ高度な仕組みを目指す。

さらに、被災者向けには、当該アカウントへの情報の正確性の確認や問い合わせに対して、正しい情報を対話形式で自動的に回答する機能の開発も予定している。

関連URL

LINE

教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
EDIX関西2018 出展社特集 公開中・募集中
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 失敗しない学校へのICT導入 5つのポイントを公開 ICT導入・活用無料セミナー開催 すらら
  • 学校現場のICT活用情報 冊子を無料でお届け チエルマガジン申し込みへ
  • 先生!ひょっとしてeラーニングでお悩みですか?
  • 進研模試に連動したアダプティブラーニング 合格への戦略 高1〜高3 お申込み受付中!
  • みらいスクールステーション 導入校が驚いた想定外の利用率! 教室ノートPCに代わる教育ICT専用端末 FUJISOFT
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス