1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. ロイロ、「ロイロノート 個人版」モニターの募集開始

2019年1月30日

ロイロ、「ロイロノート 個人版」モニターの募集開始

LoiLoは30日、卒業後も個人でロイロノートを使用できる「ロイロノート 個人版」の提供にあたり、個人版モニターの募集を開始した。

d24975-17-850870-0在学中に作成・蓄積したロイロノート・スクールのノート情報を個人版に引き継いで利用できる。

「卒業後もロイロノートを使って学習管理をしたい」「これまでに作成した学習成果物にアクセスしたい」という声を受け、卒業後の新たな学びのステージでも、考えることの楽しさや学ぶことの喜びを継続して体感してもらいたいという思いから、今回の個人版モニターの募集に至った。

同モニターへの応募期間は1月30日から5月7日まで。2019年3月に卒業する児童・生徒で、所属していた教育機関でロイロノート・スクールを使っていた人が対象。

応募した人は、開発コミュニティに参加し、「ロイロノート 個人版」を利用した意見・要望を開発者に共有することが条件。

ロイロノート・スクールは、情報端末の1人1台時代における授業支援ツール。直感的な操作で、思考の可視化や共有を促すことができ、主体的・対話的で深い学びを実現する。こうした双方向的な学びの中では、子どもたちが自ら考え、表現する機会が増え、自信や学びに向かう力が育まれる。写真、音声、動画にも対応し、教育現場に適した学びのデザインを支援。全国1000校以上の学校に導入され、多くの学習効果が報告されているという。

同社は、在学中の児童・生徒の学びを「ロイロノート・スクール」で、 卒業後の学びを「ロイロノート 個人版」で支援し続けるとしている。

応募概要

応募期間:5月7日(火)まで
応募条件:下記の項目をすべて満たす人
1)2019年3月に卒業する児童・生徒
2)所属していた教育機関でロイロノート・スクールを使っていた人
3)開発コミュニティに参加できる人
*「開発コミュニティ」とは共創型の共同体で、開発者との意見交流を行う場。「ロイロノート 個人版」を利用になっての意見・要望などを共有してもらう。
応募方法:保護者の同意を得たうえで応募する

応募

関連URL

ロイロ

小学校でもICTへの備え 双方向の指導を実現 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 自動生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム デジタルドリル+学び合いツール “自分”で学ぶ 学びを“支える” “一緒”に学ぶ navima(ナビマ) 詳細はこちら
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス