1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. アイデム、今治市で子どもたちがとらえた“働く姿”の写真展 3月から

2019年2月15日

アイデム、今治市で子どもたちがとらえた“働く姿”の写真展 3月から

アイデムは、身近な人の働く姿をテーマとする「第14回アイデム写真コンテスト『はたらくすがた』」の入選作品展を、3月1日~10日まで愛媛県今治市の「イオンモール今治新都市」で開催する。

高校生の部 グランプリ 『地域のために』

高校生の部 グランプリ 『地域のために』

『はたらくすがた』は、小学生・中学生・高校生から、身近な人の働く姿を被写体とした写真作品を募集するコンテスト。シャッターチャンスを狙い、大人の“働く姿”と真剣に向き合うことで、働くことの素晴らしさや大切さを考えてもらうことを目的として、同社の社会文化活動の一環として2005年から実施されている。

今回のコンテストでは、愛媛県の今治北高等学校 大三島分校1年生の菅開智さんが高校生の部でグランプリを受賞した。同作品は、昨年大三島に甚大な被害をもたらした西日本豪雨をテーマにしたもので、写真展では菅さんのグランプリ受賞作品も含め、応募作品8018点の中から選ばれた入選作品48点のうち19点を展示する。

開催概要

開催期間 : 3月1日 (金) ~10日 (日) 10:00~21:00
開催場所 : イオンモール今治新都市1F「きらめきコート」付近通路 [愛媛県今治市にぎわい広場1-1]

関連URL

『はたらくすがた』公式サイト

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
NICA 全国ICTクラブ協会 無料セミナー Society5.0時代を生き抜く子どもを育てるための ママパパICT&プログラミング講座

アーカイブ

  • みらいスクールステーション 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • すらら×オーダーメイドの学び
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス