1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 「IoTイノベーションチャレンジ2019」、41チーム参加しスタート

2019年6月13日

「IoTイノベーションチャレンジ2019」、41チーム参加しスタート

組込みシステム技術協会(JASA)は12日、将来の日本の産業界を牽引できる人材の発掘・育成をねらいとしたビジネス創出人材育成プログラム「IoTイノベーションチャレンジ2019」(IoTイノチャレ)の参加申込みが41チームになった、と発表した。

0613-iot昨年の参加19チームと比べ2倍以上の伸び。今後は、180人を超える参加者が18日を皮切りに計6日間に渡って展開されるセミナー・ワークショップを通して、ビジネス企画に必要な知識や手法を学び、チーム単位でSDGsをテーマとしたソリューション提案にチャレンジする。

IoTイノベーションチャレンジは、世界で取り組むべき社会課題として国連で採択されたSDGs(持続可能な開発目標)をテーマに、IoTを活用したソリューションの企画にチームで挑戦するコンテスト。

多様な分野で先導的な役割を果たしている講師陣が、計6日間のセミナー・ワークショップを実施。

3~5人で構成した参加チームのメンバーは、これらの教育機会を通じてビジネスを考える上で必要な知識を獲得すると共に、講師や審査員との相談の場を活用しながら新規事業創造のプロセスを経験できる。

開催スケジュール

▪6月18日(火):Day1セミナー
▪6月27日(木):Day2京都 イノベーティブ思考ワークショップ(関西圏で初の実施)
▪6月28日(金):Day2日吉 イノベーティブ思考ワークショップ
▪7月9日(火):Day3セミナー
▪7月24日(水):Day4セミナー
▪8月8日(木): Day5セミナー
▪8月20日(火):Day6セミナー
▪9月上旬:相談会(審査員と参加チームが対面で事業アイディアを話し合う)
▪10月上旬:書類審査
▪10月末:公開プレゼンテーション審査
▪11月22日(金)午後:決勝プレゼンテーション、審査会、表彰式(ET/IoT Technology展 メインステージで)

関連URL

IoTイノベーションチャレンジ

参加チーム一覧

世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
ICTクラブ大泉学園 無料プログラミング体験会 やってみなくちゃ分からない ゲームをプログラミングしよう!

アーカイブ

  • みらいスクールステーション 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • すらら×オーダーメイドの学び
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス