1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. ヤマハ、アプリ「スマートピアニスト」にも対応する多機能な電子ピアノ発売

2019年10月29日

ヤマハ、アプリ「スマートピアニスト」にも対応する多機能な電子ピアノ発売

ヤマハは、本格的なピアノ性能と演奏を楽しめる多彩な機能を搭載した電子ピアノ「Clavinova(クラビノーバ)」CVPシリーズの新製品として、CVP-809PWH/PE/BとCVP-805PE/Bを12月20日に発売する。

クラビノーバCPVシリーズは、本格的なピアノとしての基本性能を備えつつ、多彩な音色と豊富なスタイル(自動伴奏)を搭載し、好きなジャンルの音楽を自分らしく楽しめる多機能型の電子ピアノ。

今回発売するCPV-800シリーズでは、あたかも本物のバックバンドとの共演を楽しんでいるかのような、リアルな演奏感を追求した。アコースティックピアノに近い弾き心地を実現する「Grand Touch鍵盤」や、ヤマハのコンサートグランドピアノ「CFX」とベーゼンドルファーのフラッグシップモデル「インペリアル」からサンプリングした最新のピアノ音源を搭載している。

アプリ「Smart Pianist(スマートピアニスト)」に対応

また、新たにBluetoothオーディオ機能を搭載。スマートデバイスや携帯オーディオプレーヤーなどのBluetooth対応機器を楽器と接続し、デバイスに保存しているオーディオデータをワイヤレスで送信して楽器のスピーカーから鳴らすことができる。

さらに、同社の無料アプリ「スマートピアニスト」と楽器を連携させ、アプリ内の「オーディオ トゥー スコア機能」を使用することができる。「オーディオ トゥー スコア機能」は、スマートデバイス内に保存された曲からコード進行を解析し、そのコード進行をもとにピアノ用の伴奏譜を自動的に作成する機能。楽譜がなくても、スマートデバイスに表示された譜面で演奏を楽しむことができる。

関連URL

製品情報サイト

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 創造性を育む学びに Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス