1. トップ
  2. 学校・団体
  3. シンラボ、「テクノロジーで社会課題を解決する」プロジェクトの報告会を開催

2019年11月11日

シンラボ、「テクノロジーで社会課題を解決する」プロジェクトの報告会を開催

未来技術推進協会が運営する「シンギュラリティ・ラボ」(シンラボ)は8日、「テクノロジーで社会課題を解決する」というテーマで活動しているプロジェクトの報告会の模様を公開した。

この報告会は、第4回となる協会のプロジェクト報告会で、今年9月9日に開催。シンラボで起案されたプロジェクトの中から、4つのプロジェクトの進捗報告とディスカッションが行われた。

今回の報告会では、①「週末研究所」小学生のための週末コンテスト「SCHOOL OUT」、②日本酒味覚識別アプリ、③発達障害児向け文字学習アプリ、④医療業界の翻訳家アプリ「ふぁみカル」、という4つのプロジェクトについて発表が行われた。

各プロジェクト、5分間のピッチを行ったあと、15分の質疑応答を実施した。

プロジェクト報告会では毎回、投資家やベンチャーキャピタリスト、起業家、会社役員などをゲストに招き、各プロジェクトについてアドバイスを受けているが、今回はスリーエム・ジャパン執行役員の山口正宏氏がビジネスモデルやマーケティングの観点から様々なアドバイスを行った。

当日は、様々な経歴を持った人が議論することで、起案者が考えていた事業内容の別の側面での活用などのアイデアが生まれ、活発な議論が行われた。また、参加者同士でのコラボレーションの可能性なども生まれ、有意義な報告会になったという。

シンラボでは、今後も定期的にゲストを呼んでプロジェクト報告会を開催する予定。

関連URL

シンギュラリティ・ラボ

未来技術推進協会

Connected Ink 2019 「デジタル」なインクと文具で、教育を考える 参加費無料 11.27 wed ANAインターコンチネンタルホテル東京 詳細および登録はこちら wacom
iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
Classi Webセミナー 大好評の東京女子学園講演「ポートフォリオを進路指導に活かす方法」 11.26(火) 開催
プログラミングを子どもに教えたい大人向け1日講座 毎月開催 ユーバー株式会社

アーカイブ

  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • 学校法人西岡学園 札幌山の手高等学校 すらら×英検合格
  • Google for Education ワークショップセミナー 参加費無料 2019年11月~ 全国主要9都市にて 今すぐ申し込む チエル株式会社主催
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス