1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 「ウィークエンドスクールfor kids」、臨時休校・春休み対策を無料で提供

2020年3月26日

「ウィークエンドスクールfor kids」、臨時休校・春休み対策を無料で提供

週末の体験活動「ウィークエンドスクールfor kids」を運営する「かもしか」は25日、休校・登園自粛や、春休みで家で過ごす時間が増えた子どもの活動を見守る際のヒントを無料で提供すると発表した。

同社が5月に出版予定のテキスト「子どものときに育む一生もののチカラ(仮)」の一部、「子どもを育む遊びの見守り方」を、持ち運びしやすいスマホ閲覧サイズの1枚画像にして、25日~4月12日までの期間、公式サイトで無料提供する。

これまでの早期教育は、学力やIQなど読み書きや学習到達度などで測定可能な能力「認知能力」を意識して行われてきたが、最近では、一方的に知識や技能をインプットするだけでは育たない、気質や性格的な特徴「非認知能力」の方が幼児期には重要だといわれている。

「ウィークエンドスクールfor kids」で出版予定のテキストでは、この「非認知能力」について分かりやすく、そして家庭でも子どもの能力を育めるように大人の役割についても解説している。

今回無料で提供するページは、子どもの「非認知能力」を育む上で欠かせない、子ども主体の遊びなどの活動を、大人がどう見守ったらいいかをまとめたもの。

「ウィークエンドスクールfor kids」は、遊びを通じて子どものチカラを育みたい親と、その子ども、そして地域に住む元・保育士や幼稚園教諭といった子どもの専門家がチームになって活動する、週末の遊び場。

商店や農家、食堂、集会所などの協力で、地域を舞台に社会と関わりながら、子どものチカラを育むことを目指している。現在、東京・調布市と町田市、埼玉県南西部、愛知県北名古屋市の4カ所に、活動の中心となる子どもの専門家がいる。

「無料提供」の概要

無料提供期間:3月25日(水)〜4月12日(日)
提供ページのダウンロード

関連URL

「ウィークエンドスクールfor kids」

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 創造性を育む学びに Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス