1. トップ
  2. データ・資料
  3. アルク、函館高専での「eラーニング英語授業」1年間の成果報告を発表

2020年4月13日

アルク、函館高専での「eラーニング英語授業」1年間の成果報告を発表

アルクの語学教育専門研究機関「アルク教育総合研究所」は10日、函館工業高等専門学校の4年生を対象に実施した、TOEIC L&Rテストのスコア向上を目指してeラーニングと対面指導を組み合わせた授業モデルの実践報告を発表した。

この調査レポートは、「ALC NetAcademy NEXTを利用した授業モデルとその効果~eラーニング自習と対面指導を結び付けた函館高専の事例報告~」と題するもの。

同社のeラーニング「ALC NetAcademy NEXT」を利用した自己学習、外部講師による全体セミナーとグループセッション、常勤教員による個別指導などを組み合わせて1年間、正課授業を実施した。

同報告書が取り上げている「生産システム工学科機械コース」の1クラスの事例は、クラス規模37人で、取り組んだeラーニングのレベル別分布は500点コース33人、600点コース3人、730点コース1人。

前期15回の授業のうち、9回は出席確認、6回は自学自習とし、取り組み課題を指定。途中、成績不振者を中心に個別指導を実施した。

2018年度は、37人中33人(89%)が目標の400点以上を取得。eラーニングの学習履歴の調査の結果、学習時間が想定の35時間より少ない学生が90%以上いた。

また、eラーニング付属のTOEIC L&Rフル模試の結果とそれに費やした時間に注目すると、TOEIC換算スコア350点以下の生徒と500点以上の生徒では、30分の開きがあった。

2018年度の授業を振り返ると、成績下位者または学習動機の低い学生には、「学習を継続できるペース配分」「自分の学力に見合う学習材(教材)選択」、そして自己肯定感、自己効力感を高める仕掛けが必要と思われる、という。

関連URL

調査レポートの全文

「アルク英語教育実態レポート」

「ALC NetAcademy NEXT」

ICT活用による公立校の学力向上大作戦 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
「学びたい!」が溢れ出す navima(ナビマ) 子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム
Cat6A 国内シェア No.1 カテゴリ6A LAN配線のことなら PANDUIT TM 校内LAN整備のQ&A 詳細はこちら
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
RICOH パソコン環境を有効に活かす 大型提示装置の活用ヒント集 無料DL
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • こらからの日本の教育ICTにフィットした環境作りを目指して 10月21日(水) 14:00~ オンライン SYNNEX
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス