1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. ヤマハ、英語にも対応「学校教育向けボーカロイド」の新バージョンを発売

2020年4月14日

ヤマハ、英語にも対応「学校教育向けボーカロイド」の新バージョンを発売

ヤマハは13日、同社の「Smart Education System」の新商品として、「歌づくり」を通じた新しい学びの形を提供するデジタル音楽教材「ボーカロイド教育版II for iPad」を発売した。

この教材は、同社の歌声合成技術「VOCALOID(ボーカロイド)」を、小中高校の音楽授業でも使用できるように改良した「ボーカロイド教育版」の新バージョン。

思い浮かんだメロディーをブロックのように並べて、歌詞を入力していく直感的なスタイルでどんどん「歌づくり」ができる。音の高さや長さの変更も指先操作で直感的に行え、子どもたちの試行錯誤を引き出し、周囲との対話や主体的で深い学びを促進する。

これまでの日本語の女声(VY1)と男声(VY2)に加えて、英語の女声(CYBER DIVA)を追加。子どもたちの英語学習の成果を生かした音楽授業や創作活動の機会を提供する。

また、これまで同様にピアノや箏(こと)、リコーダーやギターなどの楽器音色を収録したのに加え、現場から多くの要望があった打楽器音を新しく追加。10種類の打楽器音で、小学校低学年向けの初歩的な音楽学習として最適なリズム学習にも活用しやすくなった。

歌詞、譜割り、リズム、音高の変化などを意識しながら何度も試行錯誤する創作スタイルは、「創造性」と「論理性」を同時に育むことから「論理的思考」の育成にも繋がる。

ほかにも、学級活動の時間、総合的な学習の時間、特別支援学級など、音楽科の授業だけでなく、クロスカリキュラムとしても様々な教科に活用できる。

販売は、ライセンス方式で、価格(税込)は、年額版が6000円/年、無期限版が2万円(20個以上同時購入の場合は1万円/個)。

関連URL

「ボーカロイド教育版II for iPad」

App Storeリンク
(年額版)
(無制限版)

ヤマハ

ICT活用による公立校の学力向上大作戦 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
「学びたい!」が溢れ出す navima(ナビマ) 子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
RICOH パソコン環境を有効に活かす 大型提示装置の活用ヒント集 無料DL
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス