1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 京都芸術大、膳所高校と共同で「美術」のオンライン授業

2020年5月27日

京都芸術大、膳所高校と共同で「美術」のオンライン授業

京都芸術大学は25日、滋賀県立膳所高等学校と連携し、自宅学習を続ける高校生のために、「美術」のオンライン授業を共同で実施していると発表した。

「社会とアート」をテーマに、芸術分野の第一線で活躍する同学美術工芸学科のヤノベケンジ教授が、自身の作品を通して作品コンセプトやデザインの考え方を伝授。生徒が制作した作品の講評も行う。高校のオンライン授業に大学が協力し、双方向授業を展開するという先進的な取り組み。

オンライン授業概要

■対象:滋賀県立膳所高等学校1年生「美術Ⅰ」選択生徒(109人)
■授業担当:膳所高校教諭 山崎仁嗣、京都芸術大学美術工芸学科教授 ヤノベケンジ
■コーディネート:同学アドミッション・オフィス 小﨑祐衣
■日程・内容
5月18日:
[膳所高校]課題提示、動画配信 ※生徒の活動内容について
・インターネットや書籍などで狛犬についてリサーチする。
・近所の狛犬をスケッチし、オリジナルの狛犬デザイン(〇〇を□□する狛犬)を考え、官製はがきに描く。⇒郵送で膳所高校へ提出(〆切5月25日必着)
5月20日:
[京都芸術大学]ヤノベ教授からオリジナル動画メッセージ配信
[膳所高校]生徒からの疑問などを専用フォームで回収(~5月27日)。
5月28日、29日:
[京都芸術大学][膳所高校]Zoomによる講評会(各日午前10時~30分程度)
生徒の作品についてヤノベ教授が講評し、優秀作品には「ヤノベ賞」を進呈。寄せられた質問にも回答する。

関連URL

京都芸術大学

ICTを苦手の可視化とボトムアップに活用 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 自動生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
「学びたい!」が溢れ出す navima(ナビマ) 子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス