1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 日本のプログラミング・ブートキャンプが米国の業界団体「CIRR」から認定

2020年6月10日

日本のプログラミング・ブートキャンプが米国の業界団体「CIRR」から認定

東京を拠点にしたプログラミング・ブートキャンプ「Code Chrysalis(コード クリサリス)」は9日、米国シリコンバレーを中心に加盟する世界中のプログラミング・ブートキャンプのスクール運営と生徒の成果を評価、監査する業界団体「CIRR」(米カリフォルニア)から、日本で初、アジアで2番目に認定されたと発表した。

CIRRは、2017年に組織されたシリコンバレーを中心としたプログラミング・ブートキャンプ業界団体非営利組織(NPO)。HackReactor(ハック・リアクター)やFullstackAcademy(フルスタック・アカデミー)など、シリコンバレーで最高レベルのプログラミング・ブートキャンプも加盟している。

エンジニアを目指したり、プログラミングスキルを向上したりすることを目的にした生徒が、学校やコースを選定する際に判断基準となる毎年の卒業率、就職率、就職後の成果などの情報を開示。

プログラミング・ブートキャンプの就職実績を可視化することで、生徒が安心してコースへ申し込みできるようになり、不正なマーケティング慣行から事前に保護することで、生徒の時間とお金を無駄にしないスクールを確立できるようにしている。

CodeChrysalisは今回、こうしたCIRRの認可を日本の会社として初めて受けた。

また、同社の3カ月集中プログラミングコース「Immersive Bootcamp」が、IT・データサイエンス関連の雇用創出に貢献する分野で、社会人のキャリアアップを図る教育訓練講座として、経済産業大臣による「第4次産業革命スキル習得講座」の認定を取得した。

関連URL

「Code Chrysalis」

「CIRR」

第4次産業革命スキル習得講座

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
先生方の負担にならない 校務用PCの二要素認証ログイン 指タッチだけで簡単ログイン リモートアクセスも簡単にできる! 詳しくはこちら YubiPlus
Classi 導入事例 客観的データに基づく学習指導 佐賀県立致遠館中学校・高等学校
ニュース記事の作成・提供 膨大なリリースから最適なネタを選択し記事化して廉価で提供 取材記事も作成可能 WANITEL Web-News Writing Service

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • GIGAスクール構想 機器のお悩みはこちら 24時間365日受付
  • Biz安否確認/一斉通報 アカデミックプラン 導入説明会を無償提供
  • 保護者や生徒との連絡手段でお困りではありませんか? 無料お試しキャンページ実施中! NTTレゾナント
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 訴求力をUPさせるワンランク上の提案書 無料セミナー実施中! Out-Sourcing! Technology
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス