1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. ケンブリッジ英語検定CBT「リンガスキル」、Webで自宅受検方式を導入

2020年6月19日

ケンブリッジ英語検定CBT「リンガスキル」、Webで自宅受検方式を導入

河合塾は、同社が日本国内で提供するケンブリッジ英語検定4技能CBT「リンガスキル」において、Webを介した自宅受検方式を6月22日から導入すると発表した。

リンガスキル自宅受験の流れ

リンガスキルはケンブリッジ英語検定のCBT版(コンピュータ上で行うテスト)として、試験日や会場の柔軟な設定ができるほか、1週間程度で迅速に結果を返却、9000円と比較的安価な料金で受検できる。

リンガスキル自宅受検方式では、自宅のPCで公開会場と同じ試験が受検できる。試験の公正性は遠隔監視システムを活用したWebカメラ映像とPCの操作ログを高性能AIと人間の目がダブルチェックして担保する。

自宅受検の追加費用は3000円(2020年度は特別価格2500円)と比較的安価に提供されるため、withコロナ下の受検機会の創出にとどまらず、遠隔地の受験者にも大きなメリットになると期待される。

自宅受検で得られたスコアは、公開会場と同じ公式スコアとして活用することができ、大学入試や入学後のアセスメント、就職・採用活動に導入が広まっている。

受検料は1万2000円(税別)。リンガスキル検定料9000円+自宅受検管理料3000円、ただし、2020年度は特別価格として自宅受検管理料を2500円とし、総額1万1500円となる。

関連URL

「リンガスキル」

小学校でもICTへの備え 双方向の指導を実現 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム デジタルドリル+学び合いツール “自分”で学ぶ 学びを“支える” “一緒”に学ぶ navima(ナビマ) 詳細はこちら
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス