1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 「ACT芸能進学校」の特別プログラムで俳優・山田孝之などが先生に

2020年9月14日

「ACT芸能進学校」の特別プログラムで俳優・山田孝之などが先生に

ACT芸能進学校(A芸)は10日、俳優・山田孝之さん、阿部進之介さん、さらに映画監督の榊原有佑さんを特別プログラムの講師に迎えると発表した。

左から山田孝之さん、阿部進之介さん、榊原有佑監督

今回の招聘は、A芸プログラム「interACT(インタラアクト)」の第一弾。同プログラムでは、特別講師が、それぞれ自ら授業内容を開発、現在募集している10月入学予定の選抜生の、特別授業を受け持つ。

今期以降も「interACT(インタラアクト)」では、山田さん、阿部さんをはじめ、日本を代表するクリエイターたちを招く予定。多感で吸収力の高い子供たちがユニークな大人や俳優に出会い、演技を探究することで、技術だけでなく心構え・世界観・独創性を感じ、自分だけのオリジナリティを生み出していくことを目指す。

加えて、学ぶ側だけでなく教える側も、子供の成長を通して、反応し合い、気付きや学びを得るプログラム。たとえ芸能事務所に所属していない・できない子供にも、100年以上の歴史がある演劇教育を、オンラインという手法によって現代的かつ気軽に行いことができるという。また生徒全員が、後日配信するアーカイブ動画も視聴可能。

山田孝之さんの授業は、個性が活きる役作りの仕方を親子で探究するワークショップ。阿部進之介さんの授業は、「考える力」を身につけるための”台本深読み”ワークショップ。榊原有佑監督の授業は、「個性」と「考える力」を活かしてオリジナルムービーを制作。

関連URL

無料体験会

ACT芸能進学校

小学校でもICTへの備え 双方向の指導を実現 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 自動生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
「学びたい!」が溢れ出す navima(ナビマ) 子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス