1. トップ
  2. 先生サポート
  3. 「TDXラジオ」Teacher’s [Shift] File.005 都立石神井特別支援学校 海老沢 穣 先生(前編)を公開

2020年11月16日

「TDXラジオ」Teacher’s [Shift] File.005 都立石神井特別支援学校 海老沢 穣 先生(前編)を公開

TDXラジオは16日、教育ICTを活用した「新しい学び」と「先生の働き方改革」を応援するTeacher’s [Shift] File.005 「東京都立石神井特別支援学校 指導教諭 海老沢 穣 先生(前編)」を公開した。

前編では、コロナ禍のもとで取り組んでいるICTを活用した実践を質問。未曾有の事態を受けて海老沢先生が感じたICTの可能性について聞く。また、海老沢先生が代表を務める「SOZO.Ed」とはどのようなコミュニティなのか。学校の枠を超えた教員同士のつながりを持つことの意味について言及。最後に、学級担任と指導教諭、さらにコミュニティの代表という顔をもつ海老沢先生が「仕事をする上で大切にしていること」を語ってもらう。

海老沢先生は、特別支援学校でiPadを積極的に活用し、子どもたちの創造性や表現を引き出す授業実践に取り組んでいる。東京都教育委員会令和元年度職員表彰受賞。Apple Distinguished Educator Class of 2017、NHK for School「ストレッチマン・ゴールド」番組委員、SDGs for School認定エデュケーター、SOZO.Ed(https://sozoedevent.wixsite.com/sozoed)代表。

後半の今回のコーナーは、第1部が『学校ICTのここがギモン ~ネットワークが遅い?~』鳥井 亮伸 氏(さつき)、第2部が 『誰も教えてくれない学校ICTの失敗 ~体験しないで何をやるのか考える~』品田 健 先生(聖徳学園中学・高等学校)となっている。

□ 【File.005】東京都立石神井特別支援学校 指導教諭 海老沢 穣 先生(前編)

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
教育ソフトウエア 採点ナビ 無料お試し

アーカイブ

  • GIGAスクールで育む創造性 Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • 学習者用デジタル教科書の活用環境を考える 詳しくはこちら
  • 教材・校務活用ポータル kyouzai.jpへ
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス