1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 「英語×ボイトレ」の言語学習アプリ「英音学」、iOS版を先行リリース

2020年11月5日

「英語×ボイトレ」の言語学習アプリ「英音学」、iOS版を先行リリース

DEFアニバーサリーは4日、「教育」×「音楽」×「エンターテイメント」から生まれた言語学習アプリ「英音学」のiOS版を先行リリースしたと発表した。

「英音学」は、教育事業に38年間打ち込んできた「東進」の英語教育と、創立3年で入会者数1000人を突破したミュージックスクール「ナユタス」の音楽教育のノウハウにエンターテイメント要素をミックスした英語学習アプリ。タレント田村淳氏も同社取締役としてプロジェクトに参加している。

同アプリは、特許を取得した独自の発音矯正システムで、単語も英文も発音が上達する。また、英語を学ぶために制作されたオリジナルソングで、歌いながら学べる。

学習方法は、現役のアーティストが同アプリのためだけに制作したPOPな曲に沿って進めていく。歌詞も英語を学ぶために英語学習のスペシャリストが作詞しており、歌いながら学べる新しい体験ができる。

独自の音声の配置により、聞くだけの教材や文字ベースの教材と違い、意味を理解しながらの効果的な「ながら学習」を実現できる。

また、予備校級の基礎英文法の授業がまるごと入っている独自の学習システムで、「話す・聞く・読む・単語・文法」の5つの力が総合的に身に付く。

アプリには、天然キャラの「ぽけらいおん」と、しっかり者の「りっすん」の2匹のキャラクターが登場。英音学の学習の仕方などを、丁寧に案内してくれる。

料金は、初回2週間はすべて無料で、それ以降は学習スタイルによって「月額2300円(税込)」や「年額1万9800円(税込)」などが選べる。

関連URL

「英音学」

アプリのダウンロード

DEFアニバーサリー

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 創造性を育む学びに Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス