1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 「英語×ボイトレ」の言語学習アプリ「英音学」、iOS版を先行リリース

2020年11月5日

「英語×ボイトレ」の言語学習アプリ「英音学」、iOS版を先行リリース

DEFアニバーサリーは4日、「教育」×「音楽」×「エンターテイメント」から生まれた言語学習アプリ「英音学」のiOS版を先行リリースしたと発表した。

「英音学」は、教育事業に38年間打ち込んできた「東進」の英語教育と、創立3年で入会者数1000人を突破したミュージックスクール「ナユタス」の音楽教育のノウハウにエンターテイメント要素をミックスした英語学習アプリ。タレント田村淳氏も同社取締役としてプロジェクトに参加している。

同アプリは、特許を取得した独自の発音矯正システムで、単語も英文も発音が上達する。また、英語を学ぶために制作されたオリジナルソングで、歌いながら学べる。

学習方法は、現役のアーティストが同アプリのためだけに制作したPOPな曲に沿って進めていく。歌詞も英語を学ぶために英語学習のスペシャリストが作詞しており、歌いながら学べる新しい体験ができる。

独自の音声の配置により、聞くだけの教材や文字ベースの教材と違い、意味を理解しながらの効果的な「ながら学習」を実現できる。

また、予備校級の基礎英文法の授業がまるごと入っている独自の学習システムで、「話す・聞く・読む・単語・文法」の5つの力が総合的に身に付く。

アプリには、天然キャラの「ぽけらいおん」と、しっかり者の「りっすん」の2匹のキャラクターが登場。英音学の学習の仕方などを、丁寧に案内してくれる。

料金は、初回2週間はすべて無料で、それ以降は学習スタイルによって「月額2300円(税込)」や「年額1万9800円(税込)」などが選べる。

関連URL

「英音学」

アプリのダウンロード

DEFアニバーサリー

2か月間の「すらら」学習時間を競うイベント! 2020.12.1-2021.1.31 すららCUP -ひとりじゃ見えない景色を見にいこう- すららカップエントリー受付中
Classi 導入事例 客観的データに基づく学習指導 佐賀県立致遠館中学校・高等学校
自立学習型能力開発 ICT教材の利活用にお悩みの先生へ 導入事例をご紹介 速読解力講座 速読聴英語講座 簡単入力で資料請求
RICOH パソコン環境を有効に活かす 大型提示装置の活用ヒント集 無料DL
時間と距離の課題をICTでクリア 島しょ部の生徒たちに刺激と交流の機会を マイナビニュース PR:シスコシステムズ
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • マルチプラットフォーム辞書 DONGRI 活用事例集プレゼント!
  • スタディサプリ これがICT教材のトータルパッケージ 1分で資料入手!
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス