1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 機械翻訳サービスMirai Translator、文体制御機能を提供開始

2020年11月5日

機械翻訳サービスMirai Translator、文体制御機能を提供開始

みらい翻訳は、機械翻訳サービスMirai Translatorにおいて、「です・ます調」として訳出するか、「だ・である調」で訳出するかを制御することのできる文体制御機能を5日から提供開始する。

文体設定画面イメージ

訳出時の文体を選択して翻訳を実行すると、指定した文体で翻訳結果が生成される。

あらかじめ指定した文体で翻訳結果が生成されることで、翻訳結果を読む際のノイズが少なくなり内容の把握に集中できる。翻訳結果を下訳として使用する際にも、手作業で文体を統一する手間が減り、修正作業の工程を削減して生産性向上に寄与できる。

Mirai Translator全プランの基本サービスとして提供する。また、現在Mirai Translatorを利用中のユーザーは5日以降、自動的に同機能を利用することができる。

同社では、今後、文体以外にも年号(和暦、西暦の統一)、数字(単位の統一)などの制御機能の追加を予定している。

関連URL

サービスに関する問い合わせ

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 「ICT活用のハードルを下げる方法」とは? PDFで無料配布中 株式会社YEデジタル
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス