1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. ニット、インドネシアと宮城・富谷市を中継で繋いだ「異文化交流授業」を実施

2021年2月25日

ニット、インドネシアと宮城・富谷市を中継で繋いだ「異文化交流授業」を実施

ニットは24日、インドネシア・ジャカルタの孤児院の子どもたちと宮城県富谷市の小学生たちとをオンラインで繋いで実施した「異文化交流授業」の模様を公表した。

創業から6年の同社は、フルリモートを前提としたマネジメントを実施。現在、日本全国・世界33カ国に在住の400人のリモートワーカーが在籍。

今回、ボランティア活動をしながら仕事をする同社インドネシア在住メンバーが、2月16日に、現地の孤児院の子どもたちと富谷市立「あけの平小学校」の生徒たちとを繋いで同授業を実施した。

同授業では、インドネシアに在住している同社のメンバーが自己紹介と共に、首都・ジャカルタの街並みを紹介。高層ビルが立ち並ぶ風景に、同小の生徒たちは興味津々だったという。

新型コロナの影響でインドネシアの学校は閉鎖されたままで、昨年4月から授業は全てオンライン。高校1年生の現地の女の子が、実際にスマホの画面を見せて、授業の様子や課題の提出方法などを説明した。1日に全部で5回する、イスラム教のお祈りの様子も披露。

質疑応答では、日本側からインドネシアの子どもたちに、「インドネシアではどんな教科を学んでいますか」「日本のアニメは知っていますか」などを質問。

「HUNTER×HUNTER」や「鬼滅の刃」をインドネシアの子どもが知っており、日本の生徒たちは嬉しそうだったという。

今回の取り組みは、同社と富谷市が協働で、GIGAスクール構想に伴い整備したICT教育環境を活用した新たな教育コンテンツを創出するための実証事業。

実施概要
実施日時:2月16日(火)10:25~11:10(第3校時目)
実施校: 宮城県富谷市立あけの平小学校第6学年社会科(全3クラス)
内容:オンラインでインドネシア在住メンバーや現地の子どもたちと繋がり、「異文化交流授業」を実施

関連URL

ニット

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
リモートワークで使うパソコンのセキュリティ対策は? できてない! バッチリです Yubi Plus
Classi 導入事例 客観的データに基づく学習指導 佐賀県立致遠館中学校・高等学校
jamf jamfは100を超える自治体で採用! Appleデバイス管理なら CLICK
クラウド授業支援 画面と表情を同時に確認 TeacherView

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • マルチプラットフォーム辞書 DONGRI 活用事例集プレゼント!
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 訴求力をUPさせるワンランク上の提案書 無料セミナー実施中! Out-Sourcing! Technology
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス