1. トップ
  2. データ・資料
  3. 2022卒理系学生、就活の費用平均で約6万1000円 =TDK調べ=

2021年5月28日

2022卒理系学生、就活の費用平均で約6万1000円 =TDK調べ=

TDKは27日、2022年に卒業予定の全国の理系大学2~4年生、大学院修士・博士学生計344人を対象に実施した、「コロナ禍でのオンラインの就職活動に関する調査」の結果をまとめ発表した。

それによると、回答者の93.0%が「オンライン会社説明会や事業説明会」への参加経験があると回答。同様に75.0%が「オンライン選考(面接、面談など)」の経験があると回答した。

参加経験がある学生に満足度を聞いたところ、「オンライン会社説明会・事業説明会」は84.1%が、「オンライン選考(面接、面談など)」は77.1%が、それぞれ「満足」と回答。

就活のステップ(フェーズ)ごとに、オンライン/オフラインのどちらが望ましいと考えるか質問したところ、「就活セミナー・イベント」から「選考面接(1次など初期段階)」ではオンラインを求める声が過半数に達したが、それ以降のフェーズでは逆転し、オフラインでの選考を好む声が多数だった。

各ステップ(フェーズ)で、オンラインが望ましいとした回答者にその理由を尋ねたところ、
「時間の節約」が7割~8割超、「金銭的な節約」が5割~6割超と多数を占めた。

企業に対して求めたい就活に関する配慮を聞いたところ、複数回答結果のトップ3は、「選考日程の柔軟化」47.4%、「選考プロセスのオンライン化」41.6%、「動画の活用」33.4%。

同様に、単一回答結果のトップ3は複数回答結果と比較して順位が変動し、「選考プロセスのオンライン化」23.3%、「選考日程の柔軟化」18.3%、「新型コロナの感染対策」「通年採用」が同数で11.0%だった。

「オンラインの方が望ましいと感じた理由」で2番目に多く選択された「金銭的な節約」に関し、就活の平均予算(交通費・宿泊費・その他飲食費など)は平均で約6万1000円。地域別では、最高額は中国・四国地方の約11万4000円で、最低額は関東地方の約4万8000円だった。

この調査は、2022年に卒業予定で、就職活動を実施中か実施経験のある、全国の理系大学2~4年生、大学院修士・博士学生を対象に、4月5日~8日にかけて、インターネットで実施。集計数は、スクリーニング調査7508サンプルで、有効回答数は344サンプル。

関連URL

調査結果の詳細

TDK

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Qubena Action 2022 来年度プロダクト・アップデート発表会 08.20(土) 14:00~17:00 ONLINE Special Talk Session
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 私立中学・高校様向け ICT利活用サポートデスク オンラインICT支援員 【限定】無料トライアル 参加校募集 NTTLS
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス