1. トップ
  2. 教育行政・入札
  3. 和歌山電力、市立小の全児童対象に「Iot/ICTによる子どもの見守り事業」開始

2021年5月28日

和歌山電力、市立小の全児童対象に「Iot/ICTによる子どもの見守り事業」開始

和歌山電力は27日、和歌山市から委託を受け、同市立小学校の全児童を対象にした「Iot/ICTによる子どもの見守り事業」を、6月から開始すると発表した。

同事業は、和歌山市内の店舗や事業所など約1000地点に設置する「見守り基地局」(固定スポット)と指定のアプリをインストールした市民(移動スポット)によって見守りネットワークを構築。

見守り端末をランドセルなどに付けた子どもが近くを通ると位置情報が記録され、緊急時には警察など関係者にその情報が共有されるという仕組み。

6月から小学校区単位で順次対象地域を広げ、2~3年で全ての同市立小学校区で利用できるようにする。

見守り基地局の設置が進み、見守りネットワークの整備が完了した小学校区から導入を始めるが、市内に均等に設置するため、初回の募集は小学校区ごとに20カ所を予定。

「子どもの見守り事業」概要

開始時期:6月から小学校区単位で順次対象地域を拡大し、2~3年で和歌山市全域で利用可能になる予定
対象:和歌山市立小学校の全児童
見守りの仕組み:
①小学生に無料で見守り端末(位置情報を発信する笛型の発信機)を配布(学校の案内に沿って申込みが必要)
➁見守り端末をランドセルなどに付けた小学生が、「見守り基地局」付近を通過、もしくは指定のアプリをインストールした市民とすれ違うことで位置情報を記録
③緊急時には警察など関係者がその情報を共有(記録された位置情報を保護者がスマホでリアルタイムに確認できる有料プランもあり)
問合せ:和歌山電力法人事業部(Web)https://w-epco.co.jp/inquiry/、(Tel)073-488-1375(平日9:00~17:00)
詳細

関連URL

和歌山電力

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 新規利用自治体募集 ※条件・応募自治体数上限あり 2024年3月まで無償 オンライン説明会開催中
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス